開く

環境方針

環境理念

地球にやさしく、ステークホルダーから信頼される環境管理の実現と、環境貢献につながる生産設備とサービスを提供する。

行動指針

すべての企業活動、製品、およびサービスにおいて、環境と経済の一致を目指し(EQCD 思想)、“環境貢献につながる生産設備”を提供することで、資源生産性の改善に貢献するとともに、人の健康と安全および自然環境を脅かす、反社会的行為を排除する。

  1. 環境管理体制・組織を最適化し、グループの連結環境管理を推進する。
  2. 製品のライフサイクル全体の環境影響を評価し、環境負荷に配慮する。
  3. 環境保証につながる技術の開発を推進し、その成果を広く社会へ還元する。
  4. 企業活動のあらゆる面で、国/地域の適用される法律、および、その他のステークホルダーとの合意事項を遵守すると共に、省エネルギー、省資源、有害物質の廃除を推進する。
  5. 環境負荷の少ない材料・部品・製品を調達・購入を推進する。
  6. EMS(環境マネジメントシステム)を構築し、環境目的・目標を定めて定期的に見直し、環境汚染・災害の防止と、環境負荷の継続的な改善を行う。
  7. 利害関係者に対し、環境負荷と環境対応状況を公開する。
  8. 社員一人ひとりの環境意識を高め、自らが環境保全活動を遂行できるよう、環境教育・啓発活動を展開する。
  9. 行政機関、地域や関係団体等との連携を密にし、社会全体の環境保全活動に積極的に参画・支援・協力する。